Event is FINISHED

フィンランド発フードデザインワークショップ「PAI PAI パイパイ」 / Food Design Workshop “PAI PAI” from Finland

Description

フィンランド発フードデザインワークショップ「PAI PAI パイパイ」


ワークショップ「PAI PAI パイパイ」は、異なる文化間でのイノベーション機会を発見することを目的としています。ワークショップ講師としてフィンランドからフードデザインやサービスデザインに精通する2名のデザイナーが来日し、フィンランドの国民的フード「カレリアンパイ」を日本の文脈でリ・デザインしていきます。

ご飯が詰められたこの「カレリアンパイ Karelian Pie」は、伝統的で厳格なレシピで守られている故、長年大きく味やかたち、原材料は変更されてきませんでした。同じ国、同じ文化の中では革新的な変化は必要とされていないと考えられることは当然でした。

そこで、このパイを生活文化や環境の異なる地域である日本に持ち込むことで、どのように日本流にデザインすることが可能なのかを2日間かけて議論したいと考えています。

日本流カレリアンパイは、

・どのような見た目、味、食感なのでしょうか?

どのように準備され、提供されるとよいのでしょうか?

どこで、いつこのパイは食べられることが考えられるでしょうか?

対象デザイン領域:フードデザイン / サービスデザイン / デザインリサーチ / コンテクスチュアルデザイン / デザインシンキング / デザインコンサルテーション


日 時:

2016326()27() 9:00-17:00


場 所:

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ (東京ミッドタウン・デザインハブ内)


最大定員:

30(1週間程度の簡単な事前ホームワークあり)


参加費:

無料 (先着順)


参加申込締切:315()


ワークショップ講師:

ライチネン・イラリ氏(デザイナー / デザイン戦略コンサルタント)

カルシ・ヤーッコ氏 (サービスデザイナー / デザインリサーチャー)


コンテンツオブザーバー:

メリヤ・カルッピネン氏 (フィンランドセンター 所長)


参加対象者:

不問 (但し、英語でのコミュニケーションに苦手意識がないこと。2日両日とも参加ができること。)


主催:

PAI PAI WORKSHOP / 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ


協力:

フィンランドセンター

備考:

1) ワークショップは基本英語で行われるため、基礎的な英語でのコミュニケーションが可能であることが望ましいです。但し英語のサポート等も考えていますので、もし英語が苦手でも強い参加の意思がある方は積極的に参加してください。

2) 大学の講義ではないため単位の取得はできませんが、ワークショップ修了証明書を発行予定です。

【ワークショップ講師プロフィール】

本ワークショップ講師は、ライチネン・イラリ氏とカルシ・ヤーッコ氏です。2人は、トルコのイズミル経済大学芸術およびデザイン学科や、フィンランドのアアルト大学美術デザインおよび建築コースにおいて食に関するワークショップをおこなっております。

ライチネン・イラリ(Ilari Laitinen)

デザイナー。ラハティ・インスティテュート・オブ・デザイン卒業。卒業制作がイギリス、ヨークにあるキットカットで有名なネスレR&Dセンターでのプロジェクトであったため、以来新しい健康的な食品製造に関するデザイン分野に興味を持つ。

現在、アアルト大学大学院国際デザインビジネスマネジメントコース(IDBM)にて食文化や食に関連するサービスを研究し、製造者と社会を結ぶ活動を行っている。また、スタートアップを含む多分野にてデザイン戦略コンサルタントとして、更にアアルト大学とスタンフォード大学との国際デザインイノベーションプログラム(ME310)にて、メソッドコーチおよびコースインストラクターとして活躍をしている。受賞歴多数。

お好み焼きと関西系の料理に愛を捧げている。


カルシ・ヤーッコ (Jaakko Kalsi)

アアルト大学卒業、武蔵野美術大学交換留学。外国語、文学、教育学、グラフィックデザインを専攻し、その後アアルト大学大学院国際デザインビジネスマネジメントコース(IDBM)修了。

ヘルシンキでサービスデザイナーおよびデザインリサーチャーとして活動している。人間の行動心理に興味を持ち、人生をより簡単に楽しくするサービスやプロダクトのデザインを実践している。現在、子どもの野菜摂取や国家的な肥満問題に関して訴えるフィンランド内閣府および農林水産省にて食全般に関する問題に挑戦。

情熱的な料理家でもあるがまだ日本食は完全にマスターしきれていない。美味しいラーメンを探す日々を続けている。

PAI PAI Workshop

Facebook: paipaiworkshop

Instagram: @paipaiworkshop / #paipaiworkshop

ウェブサイト: http://paipai.fi

【本ワークショップに関する問い合わせ】

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ (山下)

mail: d-lounge@musabi.ac.jp

tel: 03-3470-7221


Food Design Workshop “PAI PAI” from Finland

PAI PAI パイパイ is a workshop that aims to discover opportunities for innovation in the crossroads of different cultures. The project aims to redesign the Finnish delicacy Karelian Pie (カレリアンパイ) by bringing it to Japan. A Karelian pie is a popular everyday food in Finland – a rice-filled pastry that is served as a breakfast, a snack or a side dish.

The Karelian Pies have not changed significantly over time, and nowadays the pies must be produced according to a traditional recipe. The pie has to meet strict requirements for its ingredients, method of preparation and size in order to be called Karelian Pie. It is unlikely that anything radical will come up in such a regulated environment!

This is why we’ll bring this Finnish delicacy to Japan to get a makeover. We want to study what would Karelian Pie become in Japan.

What would it look, taste and feel like?

How would it be prepared or served?

Where and when would it be eaten?

The workshop will take place at D-Lounge (in Tokyo Midtown Design Hub) on the 26th and the 27th of March. We’ll also ask the participants to do homework for one week before the workshop. The maximum number of participants to the workshop is 30 people.

We hope that the participants speak some English. However, if you do not speak English and wish to participate, don’t worry, I’m sure we’ll make it somehow.

Unfortunately, we can’t award any credits for the workshop. That you’ll have to arrange with your professor. But we’ll write you a diploma. How does that sound?

Outline

Date: Saturday 26th and Sunday 27th March 2016

Venue: Musashino Art University Design Lounge (in Tokyo Midtown Design Hub, 5F 9-7-1 Akasaka, Minato-ku Tokyo, 107-6205 Japan)

Number of Participants: max. 30

Admission: Free

Condition of participation: Enable to prepare homework for one week before the workshop. Communication skill in English.

Lecturers: Ilari Laitinen (Designer / Design Strategy Consultant), Jaakko Kalsi (Service Designer / Design Consultant)

Contents Observer: Dr. Merja Karppinen (the Director of Finnish Institute in Japan)

Organised by PAI PAI Project / Musashino Art University Design Lounge

Cooperated by The Finnish Institute in Japan

Inquiry:

Musashino Art University Design Lounge (Ryo YAMASHITA)

Mail: d-lounge@musabi.ac.jp

Tel: 03-3470-7221

Workshop Lecturers

The workshop lecturers are Ilari Laitinen and Jaakko Kalsi. The team has previously conducted food design workshops in Izmir University of Economics, Faculty of Fine Arts and Design in Turkey and Aalto University School of Arts, Design and Architecture in Finland.

Ilari Laitinen (ライチネン・イラリ) is an award-winning designer from Finland. Ilari completed his Bachelor of Art Degree from Lahti Institute of Design with a thesis project at Nestlé's R&D Center in York, UK the home of Kit Kat biscuits. This project allowed him to take his interest a step beyond his comfort zone, by leading an explorative design process to develop new and healthy food products.

Ilari, who also has studied in the International Design Business Management (IDBM) Master’s program at Aalto University, has ever since maintained a lively interest in food culture and food-related services, building bridges between producers and communities. He has been working as a design strategy consultant for both established brands and startups. Ilari also currently works as as a method coach and course instructor in the ME310: Global Design Innovation program run jointly by Aalto University and Stanford University.

Oh! And there’s one more thing you should know about Ilari: he has a passion for everything about okonomiyaki and Kansai-style dishes!


Jaakko Kalsi (カルシ・ヤーッコ) is an Aalto University graduate and a former student of Musashino Art University. It seemed that he would be a student for life. After studying foreign languages, literature, pedagogy and graphic design he finally graduated from the International Design Business Management (IDBM) Master’s program. Jaakko is currently working as a service designer and design researcher in Helsinki. He wants to understand how and why people think and behave as they do, and furthermore, to design products and services that make life simpler and more fun.

If there is a food related design challenge in sight, Jaakko wants to get his hands on it. He has tackled food related systemic challenges for Prime Minister’s Office and Ministry of Forestry and Agriculture by promoting children’s vegetable consumption and fighting national overweight.

Jaakko is a passionate chef, but he has a long way to go before mastering the Japanese kitchen. That’s why the boy is definitely going through every hole in the wall restaurant in search for the tastiest bowl of raamen.

Follow us on Facebook (paipaiworkshop), Instagram (@paipaiworkshop and #paipaiworkshop) or visit paipai.fi.

Event Timeline
Mar 26 - Mar 27, 2016
[ Sat ] - [ Sun ]
9:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
Tickets
参加 / Participation

On sale until Mar 15, 2016, 9:00:00 PM

Venue Address
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階 Japan
Organizer
武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
2,075 Followers